◆後継ぎストーリー

大学生のころ、父の跡を継ぎたいと決めて、父に確認したところ、その場で「いいよ」と言ってもらえました。父が会社(社員)を大事にして、仕事を頑張っている姿勢を子供の頃からみていて尊敬していたので、父のように仕事をしていきたい!と思ったのがきっかけです。あと私は子供の頃から、日本社会は法の下には男女平等でも実生活は違うと感じて生きてきて。父の会社は自由な雰囲気があるし、外の会社よりも我が社の方が自分の能力を(性別を気にせずに)伸ばせそう、としたたかに思った部分も正直あります!笑

◆自分は自分としての経営

会社は社員の皆さんがいてくれて成り立っていることを忘れない。

人はみんな素晴らしい能力がある。その能力を発揮したいと思うか否かは環境によるところも大きい。だから会社の働きやすさ・明るい雰囲気・風通しのよい社風を大事にする。

◆自分は自分としての人生

夫は、父の会社に私よりも先に入社して働いていた社員でした。私は結婚するのは難しいだろうなと思っていたので、結婚相手が身近にいた点に人生のおもしろさと幸運を感じています。そして夫婦は対等であるというパートナーシップを大事にしており、家事育児も話し合って分担。それと子供は預けて、たまには夫婦だけでデートする時間も大切にしてます。そして自分自身が楽しむ時間も重要で。好きなことを勉強したり、本を読んだり、友人と会ったり。その余裕があってこそ、仕事も頑張れるし、良いアイデアも浮かんできます。自分を大切にしてこそ、他者のこともより大切にできます。

◆皆さんへのメッセージ

私の父は「会社の後を継ぐように」と創業者の祖父から言われて育ち、人生に他の選択肢は無かったのが辛かったそうです。だから私には進路の指図をするようなことを一切言いたくなかった、と話してくれたことがありました。

「会社は息子が継ぐべき」って法律にありますか?性別に関係なく、後継者になりたい人・経営者に向いている人が継ぐことが当たり前になっていくことを願っています。

◆会社概要

(株)アラマキ  本社:栃木県宇都宮市石井町、他、栃木県内に3拠点あり

機会工具・機会部品・工場消耗品の営業卸売販売  社員数61名 1951年創業

http://www.alamaki.co.jp/index.php